1. ホーム
  2. その他日々感じたこと
  3. 感情的に怒る上司に対して、気の弱い人ができる対処法

感情的に怒る上司に対して、気の弱い人ができる対処法

感情的に怒る上司に対して、気の弱い人ができる対処法

ささいなことで、すぐ感情的に怒る上司は結構多い。
関わらないことが一番の対処法だが、職場にいるとそういうわけにはいかない。
怒る上司、小言を言うお局様の元で今日一日をやりすごさなければ、給料を貰うことはできない。

部下を伸ばしたいために、あえて自分が悪役になって叱ってくれる上司もいるが、ここでは自分のストレス解消のために感情的に部下に怒りをぶつける上司を取り上げてみたい。

今まで勤めてきた経験だと、叱られる人というのは固定されている場合が多い。
手当たり次第怒る上司もいるが、普通は、その人が御しやすいかどうか見極めて怒っている場合が少なくない。

同じことをしても、叱られる人とそうでない人がいる。
怒りにくい人に怒りをぶつけるより、怒りやすい人に怒りをぶつけた方が楽だからだろう。

怒られにくい人は、倍になって返ってきそうな口の達者な人、自信のある人、周囲から人望のある人、仕事ができる人など。

それに対して、怒られやすい人は、言い返せない人、自信がない人、孤立している人、融通の利かない人、仕事のできない人などだ。

気の弱い人、浮いている人、周りの盾を持たない人は、ターゲットにされやすい。

コミューニケーション能力が低くて気の弱い人が取れる、感情的に怒る上司への対処法を、自分なりに考えると、次のようなことではないかと思う。

まず可能なら、仕事ができるようになるということだろう。
職場で仕事ができるというには大きな要素だ。仕事をするから給料が支払われる。
努力次第で向上できる類の職務内容なら、仕事ができる人間になって、弱みを見せないことが大切だと思う。

けれど実際は、一人で黙々と仕事をする職場は少なく、周囲や客先とのコミュニケーションの高さによって評価が決まる職場が多いのではないか。

コミュニケーション能力の低い人が、仕事ができるようになりたいと努力しても、限界があるように思う。

よく周囲の、上司とうまくやっている人を見習えばいいと言う人もいるが、キャラクターが違うのに、同じこともしてもちぐはぐなだけで、受け入れられることは少ないだろう。
人望があったり、愛されキャラと同じようにふるまっても痛いだけだ。
人気者と同じような人格に簡単になれるなら、生きにくいなどと悩むことはない。

ではどうすればよいか。



もちろん上司やお局様にも様々なタイプがあるので一概には言えないが、怒られている最中に、中途半端ないいわけや反論をしないということだろう。

自分の正しさをわかってもらいたいと思うのは当然だ。理不尽な上司の言葉を遮って相手を論破するぐらいの気骨があれば、自分の正当性を主張すればいい。

けれど中途半端な反論は、火に油を注ぐだけだ。

むっとする気持ちを抑えて、理不尽だが叱られってしまった方が、時間が短くて済む。

怒られているときは嵐が過ぎるのを待って、その他の時間の有りようを見直した方がいい。

嫌な上司と付き合いたくない気持ちはよくわかる。
私もそうだ。

ただ最低限、きちんと挨拶したり上司からの指示には淡々と従う。誠実に丁寧に、淡々と仕事をする。
お金をもらう以上、割り切りも必要だと思う。

嫌だからと言って仕事以外の会話は絶対しないと、かたくなに決めたりするのも止めた方がいい。
逆らっていない意思を見せるのも大事だ。

上司の理不尽な振る舞いを、周囲は口には出さなくとも、きっと見ている。
可能なら、味方を増やして盾になってもらおう。

それと、気持ちで負けないこと。
メンタルの弱い人間には難しいことだが、腹をくくって対峙すると、違う展開が見えることもある。

そして、もっと具体的な対応としては、相手のリズムや声のトーンに合わせるという方法がある。

上司がボソボソと話す人なら、それに合わせてボソボソ話す。
大きな声で話す人なら、快活に元気な声で話す。
ゆっくり話す人ならゆっくり、早口の人なら早口に。

なるべく同じような調子で合わせて、相手との波動が大きくずれないようにする。
これは、非言語コミュニケーション(ノンバーバル・コミュニケーション)という言葉以外の全ての情報を手がかりとして他者の心理を理解するコミュニケーションの手法だ。
相手の周波数に合わせると、会話のキャッチボールがうまくいく場合が多いように思う。

やりすぎると自分の個性を殺すことにもなりかねないが、程度に使えば試しやすいわりに、結構有効な手段だと思っている。


(こちらも併せてどうぞ「感情的に怒る人に対して、気の弱い人ができる身を守る簡単な方法」




「生きづらい。それでも生きていく」 サイトについて

人と関わることががうまくできません。メンタルが弱くて、打たれ弱くてすぐにへこんだり、体力がなくて人と同じようにできなかったり、他の人が楽しいと感じることが苦痛だったり…生きづらさを抱えながら毎日を過ごしています。普通の人と同じようには生きられないけれど、それでもどうにか、生きています。そんな日常を綴っていきます。


「みんなの生きづらさ」募集について

あなたの「生きづらさ」は何ですか。
ご自身が感じる日頃感じる「生きづらさ」を投稿して戴ける方を募集しています。
働きたくても働けない。仕事が続かない。非正規雇用の働き方から抜け出したい。働いてもワーキングプアから抜け出せない。コミュ症で周囲とうまくコミュニーションが取れない。対人関係に悩んでいる。友人関係がうまくいかない。自分を好きになれない。容姿に自信がない。…等、なんでも結構です。
溜まった辛さを吐き出して、少し身軽になってみませんか。
「みんなの生きづらさ」募集についての詳細はコチラ


リンクについて

リンクについての詳細はコチラ



過去記事



よく読まれている記事