1. ホーム
  2. その他日々感じたこと
  3. 基有意義じゃない休日の過ごし方。基本出不精、一人が好き

有意義じゃない休日の過ごし方。基本出不精、一人が好き

有意義じゃない休日の過ごし方。基本出不精、一人が好き

<2016.9.18>

出かけるのが苦手だったり、嫌いな人はどれくらいの割合でいるのだろう。
私は基本出不精だから、休日に出かけるのを億劫に感じる。

行きたいな、やりたいなと思っていたことでも当日になると、やっぱり今日はやめておくかなという気分になってしまう。
誰かと約束していてドタキャンするほど、ひどくはないけれど、自分ひとりで、映画を観たい、絵の展示会に行きたい、買い物したいとか思っていても、まぁ行かないことの方が多い。行く割合と行かない割合を比べたら、行かない割合の方が断然多い。

出かけるのが大好き、常にスケジュールで埋めておきたいという人から見たら信じられないかもしれないけど、いざメイクして着替えて、持っていくものを準備してと考えると、わざわざ出かけることの必要性が感じられなくなってしまう。

今まで出かけるのが大好きだった人が、急に出かけるのが億劫になったらそれは鬱かもしれないけど、昔からそんな感じだ。

なんでこんなに内向的なんだろう、おかしいな、人嫌いなのかと思ったこともあったけど、そうじゃなくて一人でいる時間が好きなだけだとわかった。

家が好き、一人で過ごす時間が好きなんだ。

映画や買い物も一人で過ごす時間じゃないのと言われるかもしれないが、多分人のエネルギーを感じるところから離れていたいってことなんじゃないかと思う。
人ごみに出かけていると、人の持つエネルギーの余波をどこかで受けている。

だから、それがない空間がほっとする。
家で一人で、本を読んだりネットを見たり、それも役に立たないような内容のことも多くて、…そんな風に全く有意義じゃない時間を過ごすことが私のエネルギー源になっている。

別にそういう人がいてもいいんじゃないかな。休日の過ごし方なんて、人それぞれだ。
色々な人がいるから、無理に自分を他人と同じ価値観の箱に入れることもない気がする。

それでも明日の休みは予定を入れた。
行けば行ったで楽しめることが少しだけわかったから。外のエネルギーに対峙するエネルギーもないわけじゃない。

出不精の自分を受け入れつつ、ちょっとだけ外に出てみる。

三連休の人も多いと思う。休日、あなたは何をしていますか?




「生きづらい。それでも生きていく」 サイトについて

人と関わることががうまくできません。メンタルが弱くて、打たれ弱くてすぐにへこんだり、体力がなくて人と同じようにできなかったり、他の人が楽しいと感じることが苦痛だったり…生きづらさを抱えながら毎日を過ごしています。普通の人と同じようには生きられないけれど、それでもどうにか、生きています。そんな日常を綴っていきます。


「みんなの生きづらさ」募集について

あなたの「生きづらさ」は何ですか。
ご自身が感じる日頃感じる「生きづらさ」を投稿して戴ける方を募集しています。
働きたくても働けない。仕事が続かない。非正規雇用の働き方から抜け出したい。働いてもワーキングプアから抜け出せない。コミュ症で周囲とうまくコミュニーションが取れない。対人関係に悩んでいる。友人関係がうまくいかない。自分を好きになれない。容姿に自信がない。…等、なんでも結構です。
溜まった辛さを吐き出して、少し身軽になってみませんか。
「みんなの生きづらさ」募集についての詳細はコチラ


リンクについて

リンクについての詳細はコチラ



過去記事



よく読まれている記事